六人部3小学校の統合を記念して植樹祭

2019年02月08日 のニュース

 福知山緑化推進委員会は、京都府福知山市上松の下六人部小学校で7日に第44回福知山地方植樹祭を開いた。今回は六人部地域の3小学校の統合記念として行い、クロマツ、ソメイヨシノ、モミジ各1本、ドウダンツツジ約50本を正門付近やグラウンド沿いなどに植えた。

 緑とのふれあいや、やすらぎの場をつくることを目的として、緑の募金運動で集まった浄財を活用し、1971年から市内各地でほぼ毎年催している。

 推進委の委員ら約30人と下六人部小学校6年生の76人が参加。大橋一夫市長のあいさつ、市自然科学協力員で樹木医の京極春樹さん(68)による木についての話のあと、みんなで植樹をした。約2メートルのクロマツ、約2・5メートルのソメイヨシノ、モミジ、約50センチのドウダンツツジの根元にスコップなどで土を入れた。

 児童会を代表して杉山悠斗君は「数十年をかけて大きくなる木々に負けないよう、ぼくたちも日々の生活を大切に過ごし、成長できるようにがんばっていきます。みんなで力を合わせ、このかけがえのない緑を守り育て残していきます」と話した。


写真=ドウダンツツジの根元に土を入れる児童

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。