近畿地方が梅雨入り 丹波あじさい寺では色とりどりの花

2022年06月14日 のニュース

 大阪管区気象台は14日、近畿地方が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より8日、昨年と比べても2日遅い。これから雨の季節が本格化する。京都地方気象台によると、京都府の向こう一週間の天気予報は、16、17両日は晴れ間が見られるが、その他の日は曇りや雨でくずつく見通し。

 「丹波あじさい寺」として知られる福知山市観音寺、高野山真言宗・観音寺(小籔実英住職)で、アジサイが色付き始めた。赤、青、ピンク色など、色とりどりの花が梅雨空に映える。

 1960年ごろ、本尊の十一面千手千眼観世音菩薩ご開帳時に、菩薩に美しい花を見てもらおうと植栽。年々数を増やし、今では約100種、1万株になった。

 現在6分咲きで、水色のヒメアジサイやエゾアジサイ、赤色のクレナイヤマアジサイ、ピンク色のシチダンカなどが見ごろを迎えている。

 アジサイの中でも代表的な西洋アジサイのハンブルグやブルースカイなどは今週末から7月上旬にかけて色濃くなる。

 小籔住職(70)は「アジサイは人の心に癒やしを与えるので、ぜひ多くの人たちに参拝してほしい」と呼びかけている。

 

写真=雨の中しっとりと咲くアジサイ(14日午前10時25分ごろ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。