京都府知事選 西脇隆俊氏が大差つけ2選

2022年04月11日 のニュース

 京都府政のかじ取り役を決める府知事選挙は、10日に投開票された。自民、公明、立憲民主、国民民主が推薦する現職の西脇隆俊氏(66)が50万5651票を獲得し、共産が推す新人の梶川憲氏(62)を大差で破り、2選を果たした。

 投票率は37・58%で、過去2番目に低かった2018年の前回知事選より2・41ポイント上がった。梶川氏は25万1261票にとどまり、西脇氏との差は25万4390票だった。

 福知山市の投票率は40・96%で、前回より0・72ポイント低下。得票数は、西脇氏が1万9339票、梶川氏が5718票だった。

 

写真=西脇氏の当選を喜び、福知山市内の事務所でも万歳をした(10日午後8時5分ごろ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。