小さな手作り牧場に羊の赤ちゃん「ポン」誕生 母ポーラ、父は多分チェビ男

2022年02月14日 のニュース

 京都府福知山市三和町梅原の小さな手作り牧場・みわファームで、今季第一号となる羊の赤ちゃんが誕生した。メスで名前はポン。現在は生後6日ほどで、元気いっぱいに牧場内を走り回っている。

 みわファームは、旭敏之さんと弘子さん夫婦が運営。羊はオス4匹、メス15匹がいて、赤ちゃんの誕生で計20匹になった。母親は6歳のポーラだが、父ははっきりせず、敏之さんは「4歳のチェビ男が有力」と推測する。

 6日の深夜に出産したとみられ、翌朝に小屋を訪れたところ、「ポンがちょこんと立っていた」と敏之さん。9月~2月ごろの繁殖期にはオスとメスを分けて生活させ、昨年も9月から分けて出産時期を管理したが、その前に繁殖していたらしく、突然の誕生に驚いたという。

 ポンは、ポーラのミルクを飲んですくすく成長していて、ほかの羊たちも群れの一員として認め、優しく見守る。敏之さんは「牧場でゆっくり楽しい時間を過ごし、これからも元気に育ってほしい」と願っている。

 みわファームには、ボーダーコリー(牧羊犬)8匹、ヤギ2匹、コールダック6羽、ニワトリ3羽も暮らす。入場するには、牧場維持協力金として300円が必要。問い合わせは弘子さんの携帯電話090・9542・9890まで。

写真=6日に生まれたポンと母親のポーラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。