身を寄せ合い寒さしのぐ猿ケ島のニホンザルたち 雪の三段池動物園

2022年01月19日 のニュース

 雪の降る日が続くなか、京都府福知山市猪崎、三段池ラビハウス動物園(二本松俊邦園長)の「猿ケ島」では、ニホンザルたちが身を寄せ合うなどして、寒さをしのいでいる。

 猿ケ島は六角形の飼育場で、30匹のニホンザルが共同生活。冬の寒い時期になると、集団で団子のように固まり、寒さをしのぐ姿が見られる。

 18日には、中央にあるコンクリート造りの山の上で、母ザルが子を抱きしめて暖をとったり、2、3匹が隅で固まったりしていて、その様子を撮影に訪れる人もいた。

 二本松園長は「この時期のニホンザルは、羽毛のような冬毛が生え、比較的寒さに強いものの、屋外での暮らしは大変だと思います。『早く温かい春になれ』と思いながら、過ごしているでしょうね」と話していた。
 
 
写真=抱き合い寒さに耐える親子ザル

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。