市立福知山市民病院長に阪上順一副院長

2021年09月11日 のニュース

 京都府福知山市の市立福知山市民病院で、病院事業管理者の香川恵造院長(73)の任期満了に伴い、後任に阪上順一・副院長兼患者サポートセンター長(57)が10月1日付で就く。

 病院事業管理者は、地方公営企業法の規定で市長が任命する。

 阪上副院長は、金沢大学医学部医学科卒。1989年5月に京都府立医科大学第三内科に入局し、同大大学院大学医学研究科消化器内科学教室講師、大学内視鏡・超音波診療部副部長などを経て、2020年4月から現職。

 阪上副院長の院長としての任期は10月1日から4年間。

略歴

金沢大学医学部医学科卒
1989年 京都府立医科大学第三内科入局
1998年 京都府立医科大学第三内科助手
2009年 米国・メイヨークリニックGI部門留学
2013年 京都府立医科大学大学院大学医学研究科消化器内科学教室講師
2015年 京都府立医科大学内視鏡・超音波診療部副部長(兼任)
2016年 京都府立医科大学総合診療科長(兼任)
京都府立医科大学医療情報部副部長(兼任)
2017年 京都府立医科大学病歴管理室長(兼任)
2020年 福知山市立福知山市民病院副院長兼患者サポートセンター長

 

■16年務めた香川医師は名誉院長に■

 香川院長は05年から4期16年にわたり、地域医療の充実をめざして市民病院の先頭に立ってきた。10月1日以降は非常勤で病院に残り、診療にあたる。また病院の意向で「名誉院長」に就任する予定で、阪上新院長の諮問に応じて、病院事業に関する指導、助言をする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。