ピヨピヨ、コールダック2羽誕生 みわファーム

2021年05月01日 のニュース

 京都府福知山市三和町梅原の小さな手作り牧場・みわファームで、コールダックの赤ちゃん2羽が誕生した。27日に孵化したばかりで、ピヨピヨと元気に鳴いたり、互いにくちばしでつつき合ったりする姿が、牧場を運営する旭敏之さん、弘子さん夫婦の心を癒やしている。

 コールダックは、品種改良で生まれた世界最小のカモ。みわファームでは、5年ほど前から飼育していて、現在は雄3羽と雌2羽が、自然の中でのんびりと暮らしている。

 親は抱卵も、子育てもしないことから、人間の手で孵化させ、世話する必要がある。旭さん夫婦も、孵卵器に入れて待っていたところ、2羽がかえった。

 コールダックの赤ちゃんは寒さに弱く、羊毛を敷いた育雛箱に入れ、保温電球でも温め、30度を下回らないよう調整。米ぬかなどの餌と水を与え、大事に世話を続けている。

 弘子さんは「この時期の赤ちゃんは、特にかわいいです。ただ体があまり強くないので、常に気を張って飼育しています。すくすくと成長してほしい」と願っている。

 牧場維持協力金300円。問い合わせは弘子さんの携帯電話090・9542・9890へ。
 
 
写真=生まれたばかりのコールダックの赤ちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。