高校生の和食全国コンテストでグランプリ 福知山淑徳2年、竹原悠眞君

2021年04月16日 のニュース

 京都府福知山市正明寺、福知山淑徳高校調理系列2年生の竹原悠眞君が、「第4回高校生和食料理コンテスト」で、グランプリ(全国1位)に輝いた。ひな人形風の手毬寿司で挑み、栄冠を手にした。

 コンテストは、若い世代の和食離れが進むなか、和食文化を未来につなげようと、東京すし和食調理専門学校が主催。今年のテーマは「家族への感謝の気持ちを込めたひなまつり料理」で、高校生を対象に募集。全国から182人がエントリーし、このうち7人が書類審査を突破した。

 新型コロナウイルスの影響で、本選はリモートでの開催となり、実際に料理は作らず、5分間のプレゼンと写真付きレシピで審査。竹原君は、「家族へ贈るひな壇手毬寿司」と題した料理のレシピ、独自性のあるプレゼンで勝負した。

■リモート開催でプレゼンが高評価■
 
 男雛と女雛を、マグロやイカなどを使った手毬寿司で、雪洞を紅芯大根で表現するなどして、ひな壇のように飾り付けた。色鮮やかで見た目に楽しく、酢飯を砂糖で甘めにして、子どもでも食べやすいように工夫した。

 プレゼンでは、小学2年生の妹が、祖父母の家で毎年ひな人形を飾るのを楽しみにしているが、今年は新型コロナの影響で、祖父母の家に行けなかったことを残念に思っていたと伝えた。「そんな妹を喜ばせようと、ひな壇の寿司を作ることにしました」などとアピールした。

 また実際に自宅でひな壇手毬寿司を作り、家族に振る舞う様子を撮影したビデオを流し、喜ぶ妹らの姿も審査員の心を打った。料理の見た目の美しさも評価され、グランプリを獲得できたという。

 さらに竹原君は、インスタグラムに本選出場者のレシピと思いなどを投稿し、「いいね」の数で決める人気賞にも選ばれ、大会2冠を達成した。

■先輩たちに続き実質3連覇達成■

 淑徳高は、本選が中止になった前回を除き、1、2回ともグランプリを獲得していて、これで実質3連覇を達成。竹原君は「レシピは2カ月ほどかけて考案しました。たくさん失敗もして完成させ、納得のいく料理ができました。先輩たちに続いてグランプリを獲得でき、とてもうれしいです」と喜んでいる。


写真上=竹原君考案の「家族へ贈るひな壇手毬寿司」
写真下=グランプリと人気賞のダブル受賞を喜ぶ竹原君

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。