無免許・酒気帯びで踏切ガードに衝突 福知山署が男を逮捕

2021年03月10日 のニュース

 福知山署は道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、京都府福知山市堀、会社員の男(23)を逮捕した。

 同署によると、男は9日午前6時40分ごろ、水内のJR福知山線第3水内踏切を普通乗用車で渡る直前、ガード柵に衝突。気付いた人が110番通報し、呼気検査をすると基準値以上のアルコール分が検知された。

 その後の調べで、男は2018年に免許の取り消し処分を受けていたことが判明。「無免許だったこと、酒を飲んで運転したことは間違いない」と認めているという。

 同乗者がいて、同署は道交法違反(酒気帯び運転同乗)も視野に捜査している。


写真=第3水内踏切。二輪以外の自動車通行止めの標識が立っている

このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。