地域活性化させた葉ボタンまつり 高齢化で22年の取り組みに幕

2020年12月01日 のニュース

 京都府福知山市三俣の住民グループ・がんばる三俣(荒樋悦男代表)は、最後の葉ボタンまつりを地区内の上六人部保育園隣の畑で11月29日に開いた。22年続いた取り組みが今季限りとあって、多くの人が訪れて買い求めた。

 1998年に地域活性化を目的にグループを結成。約16アールの畑で、例年は葉ボタン4千本を栽培し、まつり(販売会)を開いてきた。「安くてきれい」と評判良く、すぐに売り切れてしまう時もあった。

 ただ、作業の負担は大きく、メンバーの高齢化のため、来年以降の継続を断念。今年は、丸葉、切り花など6種類で計約2500本を用意。販売当日は開始の1時間半前から人が並び始め、長い列が出来た。


 当初から買いに来ているという谷口辰夫さん(68)=夜久野町上町=は、「玄関に飾る正月用にと購入していました。毎年楽しみにしていたので、今年で最後とは寂しいですね」と残念がっていた。

 荒樋代表(79)は「良い天気の下で、最後を飾れました。年齢にはかなわず、終わりは残念ですが、これまで多くの人に来ていただいて感謝しています」と話していた。
 
 
写真=多くの人が葉ボタンを買い求めた

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«12月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。