尻もちつきながら大きな大根収穫 修斉小1年-19日の給食に

2020年11月17日 のニュース

 京都府福知山市半田、修斉小学校(一戸香里校長)1年生53人は17日、学校近くの畑で大根の収穫体験をした。食育の日(毎月19日)に合わせた取り組みで、児童たちが収穫した大根は、19日の給食で出されるシチューの材料に使われる。

 収穫の楽しさや農業の大変さを知り、地元産野菜に興味を持ってもらおうと、市学校給食会が毎年実施している。

 場所は半田営農株式会社(福田恭衛社長)が栽培する畑(約3アール)で、8月の盆ごろに種をまいたが、日照りが続いたため発芽せず、同下旬に再度種をまき育てた。

 児童たちは福田社長(75)から「真っすぐ上向きに抜いて収穫してください」とアドバイスを受けたあと畑に入り、1人2本ずつ抜いていった。

 重さ約4キロの大根も収穫。引き抜く際に尻もちをつく子もいた。子どもたちは教諭らの手も借りながら大きい大根を引き抜き、友だちと見せ合って喜んでいた。全部で約300キロが取れた。

 

写真=大きな大根が取れたと喜ぶ児童たち(17日午前10時すぎ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。