高さぴったり 子ども用の消毒スタンド手作りして寄贈

2020年11月16日 のニュース

 子どもたちの新型コロナウイルスの感染予防にと、京都府福知山市夜久野町の住民組織、夜久野みらいまちづくり協議会副会長の的場渡さん(68)=高内=が10日、額田の下夜久野保育園(川崎裕子園長)に、手作りした子ども用足踏み式の消毒液スタンドを贈った。

 的場さんは、コロナ禍で手指の消毒など感染防止策が求められるなか、廃材などを利用して足踏み式の消毒液スタンドを試作。10月下旬に額田の夜久野ふれあいプラザに贈ったところ、来館者に好評だった。このため、子ども向けの改良版を約20日間かけて新たに作った。

 子どもの背丈に合わせて、高さを約60センチと10センチ低くした。木製の細長いスタンド部分の前面に、子どもがコロナ退散を願って拳を突き上げる絵を入れ、使い方が分かりやすいように足踏み部分を足跡の形にし、スタンドの上部に目印となる手の飾りを付けた。

 同日午後、遠足から帰ってきた園児たちは早速、玄関前に置かれた足踏み式消毒液スタンドを使って、的場さんに教わりながら手の消毒をした。

 川崎園長は「コロナの終息が予測できないなか、手の消毒が徹底できるように、大切に使わせていただきます」と喜んでいた。

 

写真=的場さんに消毒スタンドの使い方を教わる園児

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。