福知山出身の大槻周平選手(サッカーJ2山形)通算200試合出場を達成 「1点でも多くゴールを」

2020年10月22日 のニュース

 京都府福知山市今安出身で、サッカーJ2モンテディオ山形に所属するFW大槻周平選手(31)がこのほど、J1・J2リーグ戦の通算200試合出場を達成した。大きな節目となったが、「200試合は通過点だと思っています」とし、今後のさらなる活躍を誓う。

 福知山初のJリーガーとして、2012年にJ2湘南ベルマーレに加入した。ルーキーイヤーには、リーグ戦18試合に出場し、5得点を記録。チームのJ1復帰に大きく貢献した。

 17年にJ1ヴィッセル神戸へ移籍。19年にはモンテディオ山形に活躍の場を移し、リーグ戦38試合に出場した。12得点を挙げてチーム得点王に輝くなど、これまでで最も良い成績を残した。

 そして迎えた今シーズン。10日の第25節、FC琉球とのホーム戦で途中出場し、リーグ戦通算200試合を達成した。18日の試合前にはセレモニーがあり、妻と長女、長男から花束を贈られ、多くのファンから祝福を受けた。

 200試合達成を記念し、25日までモンテディオ山形のオフィシャルWEBショップで、フェースタオルやクッション、キーホルダーなど、グッズも販売している。

 大槻選手は「これからも多くの試合に出場し、1点でも多くのゴールを決めて、福知山のみなさんに明るい話題をお届けしたいと思っています」と話している。

 今季は第27節まで終了していて、大槻選手は25試合に出場し、現在3得点。11月1日には、亀岡市のサンガスタジアムで京都サンガFCとの試合があり、大槻選手が出場すれば凱旋試合となる。
 
 
写真=家族から大槻選手に花束が贈られた(モンテディオ山形提供)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。