京都府中丹振興局の「いちおし商品」 道の駅農匠の郷でフェア

2020年09月27日 のニュース

 福知山市夜久野町平野、道の駅「農匠の郷」のやくの高原市で、京都府中丹広域振興局が選定した「京都中丹いちおし商品」を販売するフェアが開かれている。福知山、舞鶴、綾部の中丹3市の商品が並んでいる。販売時間は午前9時30分~午後5時。10月1日まで。

 振興局では2018年度から、中丹地域の事業所で製造され、府内産の原材料を使用している加工食品などを募集。この中から、中丹いちおし商品を選び、PRする取り組みを進めていて、これまでに18事業所の27点が選定されている。

 フェアでは、このうち参加を希望した7事業所の9点を販売。市内からは、極細でそうめんのようなのど越しと、そばの風味が楽しめるやくの農業振興団の「京そば素麺・夜久野かすみ」▽絶妙な割合で混ぜた大江山食品の「万願寺甘とうとちりめん山椒のかまど炊き佃煮」が並ぶ。

 このほか、綾部の抹茶を使ったクリームと柔らかいわらび餅の相性が良い「茶和らび」▽万願寺とうがらしをふんだんに使った「万願寺とうがらしのぺぺろんちーの」「万願寺とうがらしのじぇのべーぜ」なども販売している。

 フェアを主催する振興局は「いちおし商品の知名度アップ、生産者の所得向上、また直売所の活性化につながればうれしい。ぜひこの機会に買い求めて、地元の味を楽しんでいただければ」としている。
 
 
写真=高原市の店内に中丹いちおし商品が並ぶ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。