公民館の庭木の剪定教室 成和中で研修兼ねて作業

2020年09月08日 のニュース

 京都府福知山市の成和地域公民館が主催する剪定(せんてい)教室の受講者らが5日、新庄の成和中学校で、研修を兼ねて作業をした。学校の前庭にあるいろいろな木にハサミを入れ、きれいに整えた。

 剪定教室は、6月から10月まで全4回のコース。上豊富で芦田造園を営む芦田幸彦さん(47)を講師に招いて開き、20代から70代までの17人(うち女性7人)が受講している。募集人数を大きく超える人気の高い講座となった。

 これまで、成和コミセンで実践をしながら研修をし、3回目の今回は地元の学校への奉仕も兼ねて成和中で実施。片手ばさみや両手ばさみなどの道具を持って16人が集合した。

 前半は、学校に植えてあるツツジ、カシノキ、タラヨウ、ユキヤナギ、月桂樹、キンモクセイなどの剪定の仕方を芦田さんが教えた。このあと、受講者が分散して作業。ハチの巣や熱中症に気を付けながら手を動かした。

 混み合ったり全体の形を悪くしている枝を、切り落としたり、形を整えたりした。

 男性の受講者は「その場でいろいろ聞けるのがいいですね」、女性受講者も「自宅の庭木を少しずつ切っていましたが、知識があると枯らさずに済むので、受講しました」と話し、作業に励んでいた。
 
 
写真=いろいろな木の剪定をする受講者

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。