F3フットサルクラブ、京都府大会制して初の全国出場

2020年08月22日 のニュース

 京都府北部の小学6年生でつくるF3フットサルクラブ(寺岡崇博監督)が、9月26、27両日のU-12地域フットサルチャンピオンズカップ決勝大会に出場する。このほど宇治市で開かれた府大会で優勝し、初めて全国への切符を手にした。

 F3クラブは、土の福知山フットボールフィールドを運営するエフスリーのサッカースクール生のうち、希望者を募って結成。市内を中心に綾部や舞鶴など、近隣市を含めた小学生12人で構成している。

 大会は、新型コロナウイルスの影響で、JFAバーモントカップ第30回全日本U-12選手権が中止になり、その代替大会として開催。府大会には9チームが出場し、3チームごとの3ブロックで予選リーグを戦い、各ブロック1位で決勝リーグをした。

 F3クラブは、予選リーグを2連勝して勝ち上がり、決勝リーグへ。宇治と南山城の強豪チームとの対戦となり、1勝1敗で全チームが並ぶ激戦になったが、他チームを得失点差で上回って優勝を決めた。

 決勝大会は、愛知県で開催予定。予選を勝ち抜いた関西5チーム、東海4チーム、関東7チームの計16チームの強豪が集結し、日本一をかけて戦う。

 寺岡監督(46)は「全国出場を目標に活動してきたので、とてもうれしい。チームはテクニックと判断力があり、予選での課題を修正して、決勝大会もトップをめざしてがんばりたい」と話していた。
 
 
写真=決勝大会への出場を決めたF3フットサルクラブのメンバー

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。