水害のない毎日をと川清め 堤防愛護会、コロナ対策で巡行は中止

2020年08月17日 のニュース

 洪水による災難から市民を守る堤防に感謝する「福知山堤防愛護会」(谷垣均会長)は京都府福知山市内で15日、毎年恒例の堤防まつりを催した。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、祭典と神輿巡行を中止し、堤防神社での神事と音無瀬橋上などでの川清めだけをした。

 中ノの御霊神社境内にある堤防神社での神事には、愛護会の役員ら15人が出席。玉串を捧げるなどした。

 このあと谷垣会長(72)、御霊神社の吉田明弘宮司(58)ら5人が、由良川の音無瀬橋上、新音無瀬橋上など5カ所で川清めの神事をして、川が荒れないように願った。
 
 
写真=音無瀬橋上で神事をし水害がないよう祈願した

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。