エネルギーと食料の自給自足-農業しながら太陽光発電 市民団体がフキなど栽培

2020年07月23日 のニュース

 脱原発などを掲げて活動する住民団体・福知山再生可能エネルギー市民研究会(略称・FSK、金澤徹代表世話人)は、京都府福知山市大野で、農業をしながら太陽光発電をするソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)の大野発電所を設置した。18日に現地で通電式を行った。

 ソーラーシェアリングは、農地の上に太陽光パネルを設けて、その下で農産物を育てる。FSKとしては市内2例目になる。

 大野発電所はメンバー所有の農地約420平方メートルを活用して太陽光パネル112枚が並ぶ。総発電量は約36キロワット時で、1キロワット時当たり14円で関西電力に20年間全量売電する。

 農作物は、日照量の少ない場所でも栽培できるミョウガやフキを育てて、営農と発電の両立を目指す。

 通電式にはFSKのメンバーら約20人が出席。金澤代表世話人は「エネルギーと食料の自給自足、地産地消への関心の高まりにつながればと期待しています」と話していた。
 
 
写真=太陽光パネルの下でトラクターを使って耕作

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。