大槻周平選手が今季初得点 サッカーJ2山形

2020年07月22日 のニュース

 京都府福知山市今安出身で、サッカーのJ2モンテディオ山形に所属するFW大槻周平選手(31)が19日、リーグ第6節のアルビレックス新潟戦に先発出場。前半42分に先制ゴールを決め、今季初得点を挙げた。

 山形は前節まで1勝2敗2分で、第6節を迎えた。大槻選手は、ここまで先発出場を続けていたが、得点は奪えていなかった。

 19日の試合は、アウェーのデンカビッグスワンスタジアムであった。先発した大槻選手は前半42分、右サイドからのセンタリングに、左足で合わせて先制点を決めた。

 チームは後半17分に得点を許し、1-1で引き分けに終わった。

 大槻選手は「クマ(熊本雄太選手)が、良いボールを落としてくれたので、合わせるだけでした」と振り返る。

 今季初得点には「チャンスがあった中で、チームに迷惑をかけてしまっていたので、まず1点取れたのがよかった」とし、次節について「次勝たないと順位も下がってくるので、必ず勝ちたい」と意気込んでいる。

 第6節で勝ち点6とした山形は、現在20位。次節は25日、アウェーで東京ヴェルディと対戦する。

写真=今季初得点を挙げた大槻選手(モンテディオ山形提供)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。