新型コロナから身を守ろう 成和中で生徒が自分のマスク作り

2020年04月16日 のニュース

 新型コロナウイルスの感染予防で、マスクが不足する中、京都府福知山市新庄の成和中学校(近藤恵子校長、252人)では、生徒たちが学校で使う自分用の布製マスク作りをしている。先生から説明を聞きながら手縫いをしている。

 現在校内で生徒たちはマスク着用としているが、市内の店などでは品薄状態で、手に入れることが難しい。

 PTAと市教委から提供を受けた不織布とゴムを使い、1週間ほど前から、家庭科の授業で1人1枚ずつ作り始めた。

 マスクには、使いやすいように折り目を入れている。中にはぎこちない手つきの生徒もいるが、丁寧に作業を進めていくうちに慣れ、きれいに仕上げている。

 家でもう1枚作れるようにと、不織布と不織布で作った耳掛け用のひもを渡している。

 2年生の上野菜那さんは「思ったよりも簡単に作れました。自分や大切な人の命を守るために家で作ったりして予防し、マスクを着ける大切さを広めていきたい」と言う。

 同じく飯島諒子さんも「コロナウイルスが流行している中、自分の命を守る行動を少しでも多くしていきたい。マスク作りのほかに、感染予防のために自分に何ができるかを考えて、生活していきたいと思います」と話している。
 
 
写真=マスク作りをする生徒たち(取材記者は教室に入らず学校教職員が撮影)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。