社員が率先して献血 三恵観光が日赤に協力して会場提供

2020年04月06日 のニュース

 新型コロナウイルスの影響で不足する輸血用血液の確保にと、三恵観光株式会社(本社・京都府福知山市東堀、杉本潤明社長)が日本赤十字社の献血活動に協力を始めた。

 4日には会場を提供したほか、社員も率先して献血した。

 感染拡大で場所の確保が困難になったり、献血者が減ったりしており、「自分たちに何かできることを」と、同社の社会貢献委員会(岡本直樹委員長、6人)が中心になって取り組んだ。

 ボウリング場「サンケイボウル」前の駐車場に献血車1台を配置。社員も多く協力した。岡本委員長(30)は「今後も継続して協力していきたい」と話していた。
 
 
写真=サンケイボウル前に配置された献血車

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。