武装工作員上陸を想定 府警と陸自が共同訓練

2020年02月05日 のニュース

 陸上自衛隊第7普通科連隊と京都府警は4日、福知山市の福知山駐屯地で、武装工作員の上陸を想定した共同実動訓練に取り組んだ。自衛隊員と警察官ら計130人が、相互の連携を強めた。

 防衛省と警察庁が締結する「治安出動の際における治安の維持に関する現地協定」に基づき、第7普連と府警がほぼ毎年訓練を行い、今回で9回目。府警は機動隊と福知山署が参加した。

 訓練を統率する第7普連の小野田宏樹連隊長、府警本部の山本一彦警備部長が開始式で、それぞれあいさつに立ち、ミサイル発射を強行する北朝鮮の動きなど、日本を取り巻く情勢にふれながら、「より強固な信頼、絆を築けるよう実のある訓練にしてほしい」と呼びかけた。

 このあと、非公開で共同検問などの訓練をした。

写真=あいさつに立つ小野田連隊長(右)と山本警備部長

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。