西武ライオンズの森脇投手が抱負 「今年は50試合登板を」

2020年01月08日 のニュース

 京都府福知山市土(つち)出身で、プロ野球埼玉西武ライオンズに所属する森脇亮介投手(27)が8日、両丹日日新聞社を表敬訪問した。即戦力としてリーグ優勝に貢献したプロ1年目を振り返るとともに、「今年は50試合登板を目標にがんばりたい」と抱負を語った。

 森脇投手は175センチ、70キロの右投げ右打ち。小学1年生から地元の遷喬ジャガーズで野球を始めた。その後、日新中学校、京都市立塔南高校へと進んだ。高校時代は1年春からベンチ入りし、同年秋にはエースとして近畿大会に出場した。

 日本大学を経て、社会人野球・セガサミー(東京都)に所属すると、都市対抗や日本選手権に出場するなど、1年目から主戦格として活躍。2018年のドラフト会議で、埼玉西武ライオンズから6位指名を受けた。

 開幕は二軍で迎えたものの、5月に一軍昇格。同月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、7回表に4番手として登板してデビューした。同月15日の福岡ソフトバンクホークス戦では、2番手として3回を無失点に抑え、念願のプロ初勝利を飾った。

 「初登板はさすがに緊張したけど、楽しいシーズンだった」と振り返るルーキーイヤーは、140キロ台後半の直球と落差のあるフォークを武器に、中継ぎとして29試合に登板。2勝1敗2ホールド、防御率4・94の成績で終えた。

 森脇投手は「いい日もあれば、悪いときもあったので、波をなくすことを心掛けたい。今年は50試合登板と防御率2点台が目標で、キャンプではコントロールの改善に努めたい」と意気込む。

 地元のファンに対しては、「活躍する姿をたくさん見せられるよう、精いっぱいがんばりたい」とし、温かい応援に感謝していた。

 引き続き市役所も訪れ、大橋一夫市長や市スポーツ協会の福間誠一・副会長らと面談した。

 
写真=両丹日日新聞社を訪れた森脇投手(8日午前10時10分ごろ)

Tweet

春の購読キャンペーン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。