早くも大河効果 福知山駅観光案内所の利用増える

2020年01月06日 のニュース

 戦国武将・明智光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が、いよいよ19日から始まる。これを受け、ゆかりの地・京都府福知山市を訪れる観光客が日ごとに増えている。JR福知山駅北口にある観光案内所を利用する人も多く、対応する福知山観光協会の職員たちは連日大張り切り。

  観光協会の大槻澄夫参事(67)によると、昨年10月から徐々に利用者が増えてきたという。平日の一日訪問者数は平均約30人だが、今月3日は帰省に合わせて福知山城などを観光する人もおり、この日だけで約250人が訪れて混雑した。

 案内所に並ぶ土産物の販売も好調で、3日に過去最高の売り上げを記録。光秀関連のせんべいやマドレーヌなどの菓子、ハンカチ、タオルなどが人気を集めているという。

 大槻参事は「今後も多くの人が来られると思うので、福知山城や明智藪(蛇ケ端御藪)、御霊神社などを巡るまち歩きツアーなども紹介し、観光客に喜んでもらえるようにしたい」と話している。
 
 
写真=売れ行きが好調な光秀グッズ

Tweet

春の購読キャンペーン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。