今年はぼくらにチューもくを 福知山市動物園のモルモット

2020年01月07日 のニュース

 今年の干支は子。京都府福知山市猪崎、三段池公園内にある市動物園(二本松俊邦園長)で飼育するテンジクネズミ科のモルモットは、園が実施した昨年の動物総選挙で、レッサーパンダに次ぐ4位に輝く、隠れた人気者。園では「今年はもっと注目が集まりそう」と期待している。

モルモットは、10年ほど前から飼育を始めた。現在は40匹ほどが、入り口付近の飼育小屋で生活している。また昨年秋からは、園内の池の近くにある「ふれあいサークル」でも10匹ほどを飼育。触れ合いもできるようになっている。

二本松園長(74)は「モルモットは草食で、餌やりもできます。キュッ、キュッと鳴いて寄ってくるので、かわいいですよ。今年は子年なので、これを機にモルモットの生態を、じっくり観察してもらえれば」と話している。


写真=餌をもらって愛らしい姿を見せるモルモット

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。