休校の公誠小を「閉校」に 地元4自治会が市に要望書

2019年12月26日 のニュース

 京都府福知山市北部の天座一区、同二区、坂浦、雲原4自治会は、2010年から休校となっている公誠小学校=天座二区=の閉校を求める要望書を端野学・市教育長と大橋一夫市長に手渡した。

 公誠小については、市が、同校と隣接の北陵中学校を小中一貫校として移転、改築する構想を掲げ地元と協議を進めていたが、07年に白紙撤回して閉校へと方向転換。地元の4自治会は市教委と市に抗議したが、その後、公誠小の再開も視野に入れて休校とする選択に同意した。

 24日に4自治会長が市役所を訪れた。要望書は、今年度をもっての閉校を求めており、閉校後の跡地利用については、早期に活用方針の決定を-としている。

 雲原の糸井洋自治会長(72)は「地域を挙げて再開に向け頑張ってきましたが、児童数の増加が見込めず、苦渋の選択として、閉校を求める決断に至りました」と話した。

 端野教育長は「要望に応えられるように地元の方々と十分検討していきたい」と応じた。
 
 
写真=端野教育長(手前左)に要望書を渡す糸井・雲原自治会長(右)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。