サンタが電飾トラクターで「火の用心」 下小田で年末警戒

2019年12月23日 のニュース

 住民が扮するサンタクロースが、電飾した農業用トラクターに乗り込み、年末の火災予防を呼びかけて京都府福知山市下小田地区内を21日夜に回った。

 市北西部に位置する、国道9号沿いにある55世帯の地区。毎月最終土曜日に地区内の喫茶店で会費2千円の飲み会をする住民有志団体「二千宴会」が取り組んだ。

 2012年から公民館前でクリスマスツリーの電飾を始め、年々LED電球の数を増やしてきらびやかにしている。昨年、トラクターで年末警戒をしたところ地区住民から好評で、今年はさらに内容を充実させた。

 会員でもある小坂正和自治会長(67)が所有するトラクターに、メンバーらが緑色の電飾を施し、新調した火の用心ののぼりを取り付けた。昨年は小規模だった仮装も、今年は集まった5人全員がサンタになりきった。

 夕方から準備をして、日が落ちたところでクリスマスの音楽を流しながらトラクターが公民館前を出発して、約1時間をかけて火災予防のチラシを各戸に配って回った。

 「総監督」の西村英昭さん(50)は「会員は40~60歳代と幅広いけれど、年齢差は関係なく、メンバー外の飛び込み参加もあって、みんなでわいわいとやっています」と話す。トラクターを運転した小坂自治会長は「冬の夜は寒いけれど、せっかくやるなら楽しいほうがいい」と笑顔を見せていた。

 

写真=サンタトラクターが年末の火災警戒で地区内をぐるり

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。