国道429号の難所・榎峠をトンネル化 42億で2026年度完成

2019年11月18日 のニュース

 京都府が、福知山市上豊富地区と兵庫県丹波市青垣町を結ぶ交通難所、国道429号榎峠のトンネル化を打ち出した。計画を18日に京都市内で開く公共事業評価第三者委員会に諮る。この場での委員の意見を聞いて、来年度から具体的に事業が動き出す。委員会はだれでも傍聴できる。

 榎峠は兵庫県側と福知山市の市街地を結ぶ需要の多い路線で、国道になっているものの、道幅が狭く、急カーブが連続していて普通車でさえすれ違いが難しい。特に冬場は危険で、両地域の住民は長年、改修を要望してきた。

 これを受け、府と兵庫県で改修を計画。峠道をトンネル化することにした。3ルートを検討した中から、経済性(事業費)▽集落からの利便性▽絶滅危惧種の生息地への近接を避ける▽施工性、地域・環境への影響などを見て最適のルートを選んだ。

 計画では福知山市談と丹波市青垣町中佐治を延長2・4キロ(うち京都府域1・2キロ)のトンネルにする。幅員7・5メートルの2車線。事業費は42億7千万円で、20年度に着手し26年度完成を見込む。

 第三者委員会は学識経験者と公募の7委員からなり、京都市の京都平安ホテルで午前9時30分に開会する。傍聴を希望する場合は当日午前9時から15分の間に会場受け付けへ。希望者が席数より多い場合は抽選する。
 
 
写真=榎峠のトンネルを通すコース(京都府作成資料から)

Tweet

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。