イケメン光秀、しゃべる自販機が「増殖」 2台目は福知山駅

2019年07月30日 のニュース

 京都府福知山市のシンボル、福知山城天守閣横の本丸広場に設置され話題を呼ぶ「イケメン明智光秀のしゃべる自動販売機」。その2台目となる自販機が、JR福知山駅北口の観光案内所内に登場した。

光秀を主人公とした大河ドラマ「麒麟がくる」が、来年からスタートすることもあり、ゆかりの地である福知山での盛り上げに一役買おうと、福知山観光協会(福島慶太会長)とダイドードリンコが設置した。

市が提案して実現したもので、1台目でも使用した人気テレビゲーム「戦国無双」でキャラクターをデザインした絵師、諏訪原寛幸さんによる光秀のイラストと、プロの声優が吹き込んだ音声を提供した。

1台目と同様に、硬貨投入時などには「我が天下、福知山城から再び」「敵は本能寺にあり」といったボイスが流れるようになっており、時間帯によっても言葉が違い、隠しフレーズも搭載。サイズは1台目より幅が小さめになっている。

設置初日の26日には、写真撮影してSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で発信する人もいた。観光案内所の開設時間は午前9時から午後5時まで。年末年始は閉まる。

市では、ほかの場所にも同じ自販機を設置することを考えているという。


写真=光秀がしゃべる自動販売機をPRする観光協会の職員

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。