高校野球京都:グラウンド崩壊乗り越え 共栄4強入り

2019年07月25日 のニュース

 第101回全国高校野球選手権京都大会は19日目の24日、京都府福知山市の京都共栄学園が準々決勝で峰山と戦い、3-0で勝利した。4年ぶりの大会4強入りで、北部勢で唯一勝ち残った。
 
 高台にある共栄のグラウンドは3月に法面が崩落した。復旧工事のため使用スペースが限られる。二塁ベースがない状態での練習環境を乗り越えての4強入りだった。
 
 ベースランニングは1周回れないが、山本主将は「限られた中でやるしかない。何ができるか工夫してきた」と一塁ベースを二、三塁に見立てたりしてノックを受けた。
 
 神前監督は「恵まれた環境でなくても勝てる。こういう状況だが、文句を言わずできることを考える。それが今のチームの粘りにつながっている」と、成長した選手の姿に目を細め、同校初の決勝進出に意欲を燃やす。
 
 共栄の準決勝は26日、わかさスタジアム京都の第2試合(午後0時30分開始予定)で春の府優勝校、京都国際と対戦する。


■「気持ちで投げた」 永川初完封■


峰山
 000 000 000=0
 000 003 00x=3
京都共栄

 〇…共栄は序盤から得点圏に走者を進めながら、決定打が出なかったが、6回裏、1死二、三塁から4番岡田の内野ゴロ(野選)で1点を先制。さらにけん制悪送球、6番正木の適時内野安打で2点を加えた。
 
 先発の永川はピンチの場面でも崩れることなく、最後まで投げ切った。めったに自分を主張しないタイプだというが、7回終了後、神前監督に「最後まで行かせてください」と申し出た。
 
 「終盤は苦しかったが気持ちで投げた」と、練習試合を含めても初めての完封。「カーブ、スライダーが低めに決まった。うれしい」と笑顔を見せた。
 
 
写真=最後の打者を打ち取り、喜ぶ共栄の永川

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。