自分見つめ直す機会に 子ども禅のつどいに63人

2019年07月26日 のニュース

 曹洞宗の寺院でつくる中丹ブロック青少年教化協議会(河野朗春代表教区長)は24日、京都府福知山市多保市の善光寺(大山義道住職)で、「夏休み子ども禅のつどい」を開いた。市内外の小中学生63人が参加し、坐禅を体験した。
 
 「学びと修行」がテーマで、子どもたちが自分を見つめ直す機会になればと催した。善光寺で開講式があり、近くのプラント3福知山店で、バックヤードを見学。再び寺に戻り、坐禅堂で坐禅体験をした。
 
 子どもたちは、「背筋を伸ばし、お尻と両ひざで体を支えて」など、坐禅の組み方や礼儀作法などを教わり、鐘の合図とともに開始。昼食後で、眠ってしまいそうになる子もいたが、静かに集中して取り組んでいた。
 
 このあと下絵をなぞって仏画を描く写仏や、学校の宿題をする時間も設けた。
 
 最後はレクリエーションとして、河野代表教区長が手品を披露。子どもたちを楽しませた。
 
 
写真=集中して坐禅に取り組む子どもたち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。