特産「万願寺」のおむすび 近畿のセブン-イレブンで

2019年07月17日 のニュース

 夏の京野菜「万願寺とうがらし」を具材にしたおむすびが、近畿地方のセブン-イレブン約2600店舗で16日に発売開始された。福知山市を含む京都府中丹地方のブランド産品「万願寺甘とう」と、山城地方産のものを使っている。

 セブン-イレブン・ジャパンと京都府は地域包括連携協定を結んでいて、これまでから府内産食材を使った新商品の開発、発売をしてきた。最近では府内産ナスを使った「麻婆茄子丼」(税込み518円)を2日から販売している。

 万願寺を使った新商品は「厳選米おむすび 万願寺とうがらし」(税込み135円)。甘みとボリューム感のある万願寺を焼いて、おかか、しょうゆと合わせて味を調えた。販売期間は8月18日ごろまで。

 

写真=店頭に並んだ「厳選米おむすび 万願寺とうがらし」(福知山末広店で)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。