手足口病が警報レベル超え 福知山など京都府全域

2019年06月20日 のニュース

タオル共用せず十分な手洗いを

 京都府は20日、府内の「手足口病」が警報レベルを超過したと発表した。感染症発生動向調査の24週(6月10日~16日)で、府全域の定点当たり(調査対象1医療機関当たり)の患者報告数が、警報レベルの5を超え6・30になった。中丹西(福知山市)管内も6・00で、警報レベルを超過している。

 手足口病は初夏から初秋にかけて、乳幼児を中心に流行するウイルス感染症。口の中、手のひら、足の裏などに2、3ミリの水疱性の発疹、軽い発熱がみられ、まれに重症化する。せき、くしゃみのしぶき、便に含まれるウイルスが手や口を介して感染する。

 予防策として、流水と石けんで十分に手洗いをする、タオルの共用をしないことなどを呼びかけている。

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。