増水で落下の在田橋 25日に通行再開

2019年06月20日 のニュース

 京都府福知山市大江町在田-公庄の由良川にかかる在田橋の復旧工事が進み、25日午前7時から通れることになった。

 昨年3月22日の由良川増水時に中央部の橋脚が沈み、長さ131・6メートルの橋りょうのうち42メートルが落下。前後の橋脚も含め84・2メートル部分で復旧工事が行われてきた。

 地域の人たちにとって通学や通院に欠かせない路線。由良川右岸と左岸を行き来するにも便利なため、地域外の人の利用も多い。

 増水時には水流の中に沈んでしまう潜没橋のため、大きな橋に架け替えることも検討されたが、長い年月を要することから、復旧工事で対応することになった。

 府中丹西土木事務所が昨年11月に着工し、早期に復旧できるよう、併行して仮設橋を設け大型クレーンを導入する工期短縮工法がとられた。

 19日現在、橋本体の復旧工事は終えており、舗装工事など路面の作業が残っているのみ。完成後も、これまでと同じく総重量8トンを超える車両は通れず、2キロ下流側の大江美河橋を迂回することになる。

 

写真上=橋本体の復旧工事が終わり、路面の工事を残すのみとなった在田橋

写真下=増水で中央部が落下した在田橋(昨年3月22日撮影)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。