33年ぶりに御開帳 坂室の薬師堂で瑠璃光如来法要

2019年06月11日 のニュース

 京都府福知山市坂室の集落奥にある薬師堂の本尊・薬師瑠璃光如来が9日、33年ぶりに御開帳された。お堂で法要が営まれ、地元の人で作る坂室医王寺護持会(池田光明会長)の会員たちが、導師とともにお経を唱えるなどした。

 現在の薬師堂は1959年に、老朽化などに伴って建て替えられた。近くには市指定文化財の木造金剛力士像がある。

 いずれも三俣の長川寺(平沢祥秀住職)の境外造営物だが、口伝によると、1146年ごろに七堂伽藍を有した大寺院・医王寺が、1578年の兵火によってほとんど消失し、薬師堂と仁王堂のみが残ったとされている。

 本尊がいつごろ作られたかはよく分かっていないが、33年おきに法要を営み、無病息災、五穀豊穣、心願成就などを祈願してきた。

 今回の法要は、平沢住職と池田の来迎院の朝倉泰寛住職が導師を務め、般若心経を唱えて、焼香などをした。

 参加した大槻登富雄さん(83)は「薬師様には、3回も法要に参加させてもらえるほど長生きをさせて頂き、ありがたいばかりです。これからも大切にしていきたい」と話していた。

 このあと、他の地域住民らも訪れ、本尊に静かに手を合わせた。

 

写真上=33年ぶりに本尊の扉が開かれた

写真下=薬師堂で法要が営まれた

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。