イングランドからプロサッカーの監督 共栄高で指導

2019年06月01日 のニュース

 京都府福知山市東羽合の京都共栄学園高校に30日、イングランドのプロサッカーチームで指導者を務める2人が訪れ、サッカー部(内藤翔平監督、68人)の指導をしたほか、短期留学を希望する生徒を対象とした英会話教室を開き、国際交流をした。

 訪れたのは、プロ3部相当のAFCウィンブルドンで、U-18チームのマーク・ロビンソン監督(53)とミハエル・ハミルトンコーチ(34)=ともにイングランド人=。日本文化や、高校生のサッカーに対する姿勢に触れたいと、28日に来日した。

 内藤監督(33)は以前、同チームで指導をしていたことがあり、海外で当たり前となっていることを生徒らに感じてほしいと、指導を依頼し実現した。同校は今年度から本格的にグローバル教育に力を入れていることから、サッカーだけでなく、英会話教室もした。

 サッカーの指導は前田グラウンドで行われ、ロビンソン監督は「サッカーは選手自身で作り出すもの。恥ずかしがらずに、思ったことを話してほしい。みんなの姿勢、情熱を見たい」と話して練習を開始した。

 選手たちは、守備陣のボールの動かし方、攻撃のパターン練習などを直接指導で教わり、ボールを保持するためにはファーストタッチが大事であること、両足を使えるようにすること、優れた意思決定をすることなどポイントを聞いた。

 DFの田村翔選手(3年)は「シンプルやけど、正しく一番重要なことを教えてもらいました。日本とは違い、外国ではミーティングの時に選手が意見を言うと聞いたので、驚きでした」と刺激を受けていた。

 マーク監督らは6月2日までチームに帯同し、その後、大阪観光などをして6月4日に帰国する予定。

 

写真=サッカー指導をするロビンソン監督(中央)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。