福知山SECカーボンスタジアム ネーミングライツの看板除幕

2019年03月27日 のニュース

 京都府福知山市和久市町にある福知山球場の愛称が、4月1日から「福知山SECカーボンスタジアム」になる。これを前に市は24日、球場入り口付近に設置する愛称入り看板の除幕式をした。

 市は、公共施設の愛称の命名権を与える代わりに、その対価を支払ってもらうネーミングライツ制度を導入し、球場のパートナー企業を募集。SECカーボン株式会社(本社・兵庫県尼崎市)が手を挙げ、命名権料200万円(年額)で契約した。

 愛称が使用できる期間は5年間。企業側は自社の広告や地域貢献につながり、市は命名権料を球場の維持管理などに活用でき、双方にメリットがある。

 炭素製品メーカーのSECカーボンは、長田野工業団地に京都工場があり、従業員でつくる軟式野球部は、天皇賜杯大会を制するなど全国有数の強豪チームとして知られている。こうしたこともあり、野球を通じて地域貢献できれば-と、応募した。

 除幕式には、SECカーボンから中島耕社長、市から伊東尚規副市長らが出席。市体育協会、市野球協会役員も加わり、看板を除幕した。

 中島社長は「球場の清掃活動などもして、これからも地域貢献したい」とあいさつ。伊東副市長は「これをきっかけに、今後もスポーツ振興に努めたい」と話し、新愛称の命名を祝い合った。

 このあと社会人野球の強豪、セーレン株式会社(本社・東京都、福井県)の軟式野球部とSECカーボンの野球部が記念試合をした。

 

写真=愛称が書かれた看板を除幕した

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。