門前町のにぎわい再び 元伊勢内宮で参道マルシェ

2019年03月27日 のニュース

 かつての門前町のにぎわいを作り出し、地区内外の人たちの交流を生み出そうと、京都府福知山市大江町内宮の元伊勢内宮皇大神社参道一帯で、第5回参道マルシェが開か24日にれた。露店などがたくさん並び、大勢の人が訪れてにぎわった。大江元気プロジェクト(河口珠輝代表)主催。両丹日日新聞社など後援。

 毎年この時期に開催しており、今年は長さ約470メートルの参道の両側にアクセサリー、陶器、フェルト小物などいろいろなものを販売する90店が並んだ。

 また手作りパンや京風たこ焼き、ホルモン焼きそば、コロッケ、クレープなどの店も出て、多くの人が買い求め、空いている場所で味わった。

 古民家いづみやでは、大江高校の生徒がレトロカフェをオープン。カレー焼きなどを販売し、人気を集めていた。

 与謝野町から娘と一緒に訪れた浪江紀代子さんは「マルシェに来るのは初めてでしたが、商品の種類が豊富で、たくさん買ってしまいました。また来年も来たい」と笑顔を見せていた。

 内宮神社や天岩戸神社などを巡る「運気アゲアゲスポットツアー」もあった。

 

写真=多くの人が訪れて買い物を楽しんだ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。