WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年1月31日のニュース

明智光秀の大河ドラマ実現を スカイツリーでPR

NHK大河ドラマ誘致 明智光秀らを主人公とするNHK大河ドラマの実現をめざす誘致推進協議会(会長・大橋一夫福知山市長)はこのほど、東京スカイツリーで、誘致のPR活動に取り組んだ。

 この協議会は、初代福知山城主の明智光秀、その娘の細川ガラシャ、盟友の細川幽斎と息子の忠興を主人公にした大河ドラマ実現を目標に掲げ、各人物にゆかりのある市町が団結し、11年4月に設立された。

 現在は京都府8市町、兵庫県2市、福井県1町で構成。NHKへの要望、ポスターとパンフレットの制作、署名活動など積極的に行ってきたが、まだ実現には至っていない。

 そこで活動のさらなる周知を目的に、首都圏での活動を実施することにした。東京スカイツリー5階の観光PRコーナーで1週間、パンフレットを配布したり、誘致の署名を呼びかけたりした。各市町のPRも行った。

 また本能寺の変の直後、光秀が反信長派の武将、土橋重治に送ったとされる書状を、パネル化して展示。「本能寺の変は、室町幕府再興をめざしたクーデターだった」との見方が浮上するきっかけになったもので、逆臣のイメージを払拭する狙いもある。

 活動に参加した福知山市まちづくり観光課の田中健さん(35)は「光秀は福知山で善政を行った名君として、慕われています。文化人としての一面もあり、うまくPRして大河ドラマ実現につなげたい」と話している。


写真=スカイツリーで誘致への署名を呼びかけた

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ