WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年7月14日のニュース

朱色のナマズ発見 大正小3年の芦田春真君

朱色のナマズ 京都府福知山市内でこのほど、全身が朱色のナマズの子どもが見つかった。大正小学校3年の芦田春真くん=本堀=が、自宅近くの用水路で発見し、捕まえた。自然界で朱色の子どもの個体が見つかるのは珍しいという。

芦田くんは10日夕方、父親の真幸さん(35)と一緒に用水路へ魚取りに出掛け、ドジョウなどを捕まえて帰宅しようとしたところ、草が生えている場所で朱色の魚に気付き、棒付きの網で捕獲。上げて見たところナマズと分かった。

 ナマズの体長は約4センチ。自宅に持ち帰り、今は水槽に入れている。芦田くんは普段から魚取りが好きで、オイカワなどを捕まえてきた。「普通のナマズは見たことがありますが、こんな色は初めて。びっくりしました」と驚いている。

0713asida.jpg

 川魚などに詳しい福知山市自然科学協力員会の会員、久後生歩さんによると、朱色のナマズは、色素欠乏症(アルビノ)の個体で、自然界では目立ってしまうため、他の生物に捕食される可能性が高く、生き残るのは珍しいという。

 「どの生物にもアルビノ個体は見られますが、4センチまで成長した子どもが見つかったのは大変貴重です。頑張って大きく育ててほしい」と話している。

写真=朱色のナマズ
写真=水槽で飼育するナマズ見る芦田くん

小中学校の給食再開は2学期から

 京都府福知山市は13日、7月豪雨の影響による学校給食の休止期間延長を決めた。厚中問屋町の市学校給食センターの地下設備が浸水被害に遭ったため復旧を進めていたが、新たに洗浄、消毒作業などが必要なことが分かったため。

 同センターが担当する旧市内、夜久野、三和両町の小学校17校と中学校8校での提供休止を19日まで延期する。市内の1学期の給食提供は19日までのため、再開は2学期からとなる。

 同センターは、そばを流れる弘法川が氾濫したことで地下配管ピットが冠水。汁物、煮物などの調理や食器洗浄に使う蒸気ボイラーが故障した。

 一方、被災はしていないものの、衛生面などに配慮して給食の提供を休止していた大江センターは、17日から再開。大江町内の3小学校、1中学校は19日まで通常通りとなる。

 

[PR]

 
 

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ