WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年7月28日のニュース

毛が生えたカタツムリ 花の寺に2匹

オオケマイマイ 京都府福知山市石原の主婦、深谷ひろみさん(47)が、近くの観音寺の境内で、毛の生えたカタツムリを見つけ、話題になっている。27日までに2匹の生息を確認し、深谷さんだけでなく、小籔実英住職や参拝者も初めて見る姿に驚きを隠せず、「小さなキノコのよう」「福を呼ぶ生き物だろうか」と不思議がっている。

 観音寺は関西花の寺一番札所で、丹波のアジサイ寺として知られ、花好きの深谷さんは毎年、写真撮影に訪れている。今年も撮影に向かい、24日午前10時30分ごろ、苔むした石の上にカタツムリのような生き物を発見。近づいて見ると殻の周りが毛で覆われていた。時折、角を出してはい回るのでカタツムリでだと確信した。

 奇妙な姿が気になって27日午前11時30分ごろに再び参拝すると、同じように毛が生えた1匹が新たに見つかった。どちらも体長1・5センチほどの平べったい円盤状だった。

 このカタツムリは、オナジマイマイ科の「オオケマイマイ」という種類。カタツムリは陸地に住む巻き貝のことを言うが、国内に住む約800種類のなかで、毛が生えているのはオオケマイマイの仲間だけという。

■絶滅危惧種に指定の県も■

 本州の関東以西や四国北部に生息するが、森林の荒廃などで生息域が年々減り、個体数自体も少ない。山口県や愛媛県では絶滅危惧種に指定されている。山林や環境が豊かな社寺境内の落ち葉の下や石垣などにすむという。

 深谷さんは「アジサイの葉に止まっている一般的なカタツムリは以前からよく見ましたが、毛が生えたものは初めてでびっくりしました。これからも観察を続け、カメラに収めたい」。小籔住職は「境内にいたことはもとより、こんな変わったカタツムリがいること自体、全く知りませんでした」と話す。

 福知山市自然科学協力員の太田明宏さんも訪れて確認。「この2匹はオオケマイマイの子どもで、大人になると500円硬貨ほどの大きさになります。初めて見た人はびっくりされるでしょう。周囲を探せばもっと生息していると思います」と説明する。

 さらに「今まで和歌山県などで見たことがあります。市内では2014年夏の8月豪雨災害のあと、観音寺地区の中丹広域農道沿いで流されてきた死骸を見ましたが、生きている姿を確認したのは初めてです」と話していた。


写真=石の上をはう殻の周りに毛が生えたオオケマイマイ

旧小学校舎利用して日本語教室 住民たちが外国人迎え

日本語を教わる外国の人たち 京都府福知山市三和町川合地域の住民が、上川合の旧川合小学校で「かわい日本語教室」をスタートさせた。地域にはベトナム、中国などから働きに来ている人が多く、こうした人に言葉を教えるとともに、日本の文化を知ってもらい、交流を深めようと企画した。

 川合地域活性化協議会(坂口由夫会長)が住民へのアンケートをもとに、2015年の統合に伴って閉校した同校の有効活用を考える「旧川合小学校活用プロジェクト・チーム」(山本力代表、4人)を4月に組織。プロジェクトの一つとして、この教室を始めることになった。

 下川合の京惣菜開発・製造業の京都庵と協力し、同社で働く外国人従業員に参加を呼びかけてスタート。27日の第1回教室は図書室だった部屋を使い、中国人女性5人とベトナム人男性1人が参加した。

 元小学校教諭で、以前川合小に勤務した経験がある山本代表(70)=下川合=が講師を務め、日本語の発音を練習してから、簡単な疑問文と答え方を教えた。

 参加したベトナムの男性(26)は「教室は楽しいです。日本語は難しくても一生懸命勉強したい」と笑顔を見せた。

 山本代表は「教室はスタッフも手探りで進めています。参加される方が何かひとつでも得ることがある場にしたい」と話す。

 開校前の15日にはオープニング記念のたこ焼きパーティーをし、外国人ら32人が参加し、交流を深めた。

 日本語教室は毎月第2水曜、第4木曜日の午前10時から1時間程度を予定しており、季節によって、クリスマス、花見などのイベントも考えている。1回の参加につき、資料代などに100円の参加費が必要。日本語を学びたい外国人が対象で、三和町以外からでも参加できる。


写真=山本代表(左)に日本語を教わる外国の人たち

 

[PR]

 
 

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ