WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2019年1月23日のニュース

福知山球場はSECカーボンスタジアムに 府北部初のネーミングライツ

 京都府福知山市和久市町にある福知山球場の愛称が「福知山SECカーボンスタジアム」に決まった。公共施設の愛称命名権を与える代わりに、その対価を支払ってもらうネーミングライツ制度を府北部で初めて導入し、市がパートナー企業を募集していた。22日にSECカーボン株式会社(本社・兵庫県尼崎市)と契約し、4月1日から適用される。

 ネーミングライツ制度の導入により、市は命名権料を施設の維持管理などに活用でき、財政の健全化を進めることができる。企業側も、自社のPRや地域貢献につながるなどメリットがある。

 昨年11月5日から12月4日まで募集し、手を挙げたのは1社だった。命名権料は100万円以上としていたが、SECカーボンが提示した年額200万円で契約。愛称が使用できる期間は、5年間となっている。
0123kyujyou.jpg
 炭素製品メーカーのSECカーボンは、長田野工業団地に京都工場があり、「社会福祉の発展に寄与する」を経営理念に掲げる。環境ボランティア活動のほか、近隣自治会との交流として敷地内でグラウンドゴルフ大会を開くなどして、地域貢献してきた。

 また社会人野球に力を入れており、従業員でつくる軟式野球部は2014、15年に天皇賜杯全日本大会で連続優勝するなど、全国有数の強豪チームとして知られる。

 市役所で開かれた契約の調印式で、中島耕社長は「野球部が活動できているのは、市や市野球協会など、みなさんの協力のおかげ。この契約が、その恩返しになればうれしい。部員による少年野球教室、清掃活動なども企画したい」と伝えた。

 調印式には、中島社長と大橋一夫市長のほか、同社から田畑洋・京都工場長、市体育協会の福間誠一副会長らが出席。契約書を交わし、愛称の書かれたプレートを持って、全員で記念撮影もした。


写真=愛称が書かれたプレートを持つ中島社長(左)と大橋市長
写真=SECカーボンがネーミングライツ契約した福知山球場

サケの仔魚が次々ふ化 3月に由良川へ放流

サケの仔魚 京都府福知山市、舞鶴市、綾部市を中心にした学校や公共施設、一般家庭が、サケの卵を愛情込めて育てている。有志で組織する「由良川サケ環境保全実行委員会」が協力者を募り、5日から卵を配布、すでにふ化して仔魚(しぎょ)になっているところが多い。今季は前年を上回る240カ所以上で、小さな命を見守っている。3月に由良川に放流する予定。

 サケは、生まれた古里の川へ産卵のために回帰する習性がある。実行委では由良川への環境意識を高め、郷土愛を育んでもらおうと、府の交付金を受けて2008年度以降、地域住民が自分たちでサケを育てて由良川に放流し、遡上させる“サケの一生を学ぶ”取り組みを続けている。

 卵は、そ上したサケから取った卵を授精させたほか、新潟県から取り寄せて確保。産卵後1カ月余り過ぎて卵の中に黒い目が見える状態の発眼卵を希望者に渡した。

 福知山市三段池公園内の市児童科学館(辻本勝館長)では5日から、1階の福知山広場に約200個の卵を入れた水槽を置いてる。飼育を始めて約1週間後の14日までにすべてがふ化し、現在は体長2センチ余りの仔魚が水槽のなかでうごめいている。
0123suisou.jpg
 発眼卵やふ化したばかりの仔魚は、直射日光などに含まれる紫外線を嫌うため、水槽に段ボールの覆いをかぶせて光を遮っていたが、今は取りはずしていて、来館者が観察できる。

 仔魚の腹には栄養分を持つ「さいのう」と呼ぶ朱色の袋がある。これがなくなって泳ぎ始めるとエサを与え始める。放流するころには体長が4、5センチほどになるという。

 飼育を中心になって担当する同館職員で市自然科学協力員の永谷隆夫さんは「今年は、カルキ抜きをした水道水を使わず、由良川でくんできた川水を水槽に入れました。オホーツク海や北太平洋などを回遊して日本に戻ってくる親魚はわずかですが、すべての稚魚が放流まで元気に育つように世話を続けたい」と意気込む。

 実行委は「学校関係への卵の配布が年々増えており、飼育や観察をする人はかなり多いでしょう。サケが戻るきれいな由良川を守り、郷土愛を育てるために取り組みの輪を一層広げ、飼育先を500カ所にしたい」としている。


写真=腹にさいのうを付けたサケの仔魚
写真=仔魚がうごめく水槽を観察する永谷さん

 

[PR]

 
 

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ