WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年1月29日のニュース

福知山の断水 ほぼ復旧 

復旧作業 京都府福知山市水内の堀山第三配水池付近の水道管が破損、漏水し、28日早朝から市内の広範囲にわたって断水が続いた。原因は管の老朽化で、雀部、遷喬、成仁、上・中・下六人部地区の40自治会、5729戸が影響を受けた。28日午後11時30分ごろには修繕が完了し、29日午前4時45分ごろから生活用水の配水を開始。早期の完全復旧をめざし、作業を進めている。

 破損したのは1971年に敷設した地下3メートルほどにある埋設幹線水道管で、送水管(直径400ミリ)と配水管(直径450ミリ)の接続部分に亀裂が入った。2014年度に漏水調査をした際には特に問題はなかったという。

 27日に住民から警察に「水内の道路に異常がある」と情報提供があり、同日午後10時過ぎに警察から水道課へ連絡し、漏水しているのを確認した。近くの2戸が床下浸水したが、けが人などはなかった。

 市では、28日午前4時15分に事故対策本部(本部長・大橋一夫市長)を設置。舞鶴市へ修繕用の緊急資材調達、日本水道協会府支部へ給水応援を依頼するなどの対応を急いだ。

■府内外から給水車 仮設トイレを設置■

 また、給水支援として、府内8市1町、兵庫県5市から17台の給水車が、断水地区10カ所に配置された。各給水所には、28日夜から仮設トイレが置かれた。給水所は29日正午で閉鎖となった。

給水所

 給水所には、ペットボトルを持参したり、車でポリタンクを運んだりして、多くの人が水を求めて足を運んだ。

 今回の漏水事故を受けて、市上下水道部は「市民のみなさまには迷惑をおかけし、大変申し訳ありません。今後も漏水調査で発見された場合は修繕して、管の更新をこれまで以上のペースで実施していきたい」と話している。


写真上=復旧作業を急ぐ漏水現場(28日午後3時ごろ)

写真下=水を求めて給水所に足を運ぶ人が多かった(28日午後2時45分ごろ、成仁小学校で)

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ