WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年1月27日のニュース

寒い、寒い… 団子になって暖を取るサル

猿ケ島のサル 非常に強い寒気の襲来に伴って厳しい寒さが続く中、京都府福知山市猪崎、市動物園(二本松俊邦園長)の屋外のサル山で、ニホンザルたちが体を寄せ合って暖を取る「サル団子」が見られるようになり、訪れた人たちが冬ならではの情景に見入っている。

 サル山は猿ケ島と呼ばれる六角形をした飼育場で、中央にコンクリート造りの島があり、現在30匹がいる。

 動物園によると、サル団子は厳寒期の1月終わりから2月中ごろにかけて見られる。親子や兄弟といった身近な者同士でくっつくことが多いという。

 二本松園長(72)は「サルたちも冬に生活するうえでのすべを知っているようで、寒さが厳しくなると、別の家族のサルたちも集まり、団子のかたまりが大きくなります」と話す。


写真=雪が降る中、身を寄せ合う猿ケ島のサルたち

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ