WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年1月15日のニュース

一年の健康と安泰祈り、どんど焼き 正月飾りやお札焼納

どんど焼きを見てゆったり 古いお守りやお札、正月の飾りなどを焼納し一年の健康を祈る「どんど焼き」が14日、各地で行われた。正月に天から下りてきた歳神様が、どんど焼きの煙に乗って天に帰るとされていることに由来する日本の伝統行事。焼いて残った灰を持ち帰り、家の周りにまくと無病息災にご利益があるとされる。

 京都府福知山市内記五丁目の内記稲荷神社では、地元住民らでつくる奉賛会(古川泰正会長)が主催した。境内通路の石畳が滑りやすいため、薄く積もった雪を事前に取り除いて参拝者を迎えた。

 お飾りなどを焼納した灰を、持参した缶や袋に詰めて持ち帰る人が多く、友人と一緒に訪れた上新の福島素子さん(83)は「灰をもらいました。今年一年を健康に過ごせますように」と話していた。

 北小谷ケ丘の法川薬師広場では、法川薬師奉賛会(西山一正会長)が行った。法川薬師は人形供養で知られ、どんど焼きにも地区内外の人が次々に訪れた。

 心も体も温かくと、ショウガたっぷりの甘酒を振る舞い、参拝者らがいすに座ってほっこり。燃え盛る火を見て一年の無事を願った。子どもたちにはお菓子をプレゼントした。

 西山会長(77)は「地区外からも来ていただきありがたい。大雪にならなくてよかったです」と話していた。


写真=甘酒を飲みながら、どんど焼きを見てゆったりと(法川薬師広場)

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ