WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年10月 7日のニュース

産地一円から丹波栗 兵庫と京都連携、初の広域品評会開く

丹波栗を審査 福知山市など、京都府と兵庫県にまたがる旧丹波の国の地域が一体となって丹波ブランドの振興にあたる「大丹波連携事業」の一つとして、名産「丹波栗」の第1回広域品評会が6日、兵庫県丹波市柏原町の市柏原住民センターで開かれた。

 出品点数は両府県から計190点。いずれも大粒でつやつやの立派な栗だった。

 審査員たちが厳しい目でふるいにかけて近畿農政局長賞、両府県知事賞を選出。局長賞は丹波市、兵庫県知事賞は篠山市、京都府知事賞は京丹波町の農家・農園産だった。

 府内の出品栗から選ぶ地域賞の中で最高位の府特用林産振興連絡会長賞には、福知山市夜久野町田谷垣の秦貴一郎さんが出品した「筑波」が選ばれた。

 福知山市からはほかに中田清さん(夜久野町大油子)の「筑波」、松本るみ子さん(三和町梅原)の「石鎚」、足立勝之さん(三俣)の「筑波」が入賞した。

 福知山地方から出品された36点(箱入り)は7日に三段池公園内の市武道館で開かれた第47回福知山地方丹波くりまつりで展示、販売し人気を集めた。


写真=京都府と兵庫県にまたがる丹波地域一円から寄せられた大粒の丹波栗を審査した

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ