WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年9月13日のニュース

月100時間超の超過勤務の職員・教職員72人 福知山市

 京都府福知山市の市議会の一般質問が12日にあり、議員が市職員と市立小、中学校教職員の超過勤務について質問。単月の過労死ラインにあたる月100時間を超える超過勤務を、昨年度に1回以上した市職員(市民病院除く)は28人、教職員は44人だった−との答弁があった。議員は「即刻解決すべき」と、長時間勤務の常態化の是正を求めた。

 また、他にも月80〜99時間の超過勤務をした市職員が29人、教職員が94人いたことなど、現状について、総務部長と教育委員会理事が説明。いずれも「全体を見れば、前年度より減少しているものの、抜本的な改善が必要」とした。

 市は、昨年度に時間外労働の縮減目標を設定し、事務のスリム化を進めたほか、今年度から超過勤務を行う場合も、退庁時刻の目標を午後8時にする運動を、新たに実施していることを報告。

 今後の対策にも触れ、機動的な人員の配置▽課を超えての柔軟な応援態勢の構築▽専門分野の民間技術の採用▽時差出勤、フレックスタイム制度の活用▽ストレスチェック制度の推進などをさらに進めると約束した。

 市教委は、7月に働き方改革の一環として、全教職員を対象に緊急アンケートを行ったとし、「その結果も活用しながら、国や府の指導を受け、着実に業務改善を図っていく」とした。

 また、教職員と管理職の意識改革とともに、具体的に隔週一日の土日ノー部活デー、早退勤デーについて、10月から実施を予定。ほかの取り組みについても、「準備が整ったものから順次行っていく」と伝えた。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ