WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年7月12日のニュース

京都府の手足口病が警報レベルに

 京都府は12日、今年第27週の感染症発生動向調査(7月3日〜9日)で、京都府の手足口病(5類感染症)が国の定める警報レベルを超過したと発表した。「今後、更に流行の拡大が予想される」として注意喚起している。

 手足口病は乳幼児を中心に流行するウイルス感染症で、咳やくしゃみのつば、便に含まれるウイルスが口や手を介して感染する。

 症状としては、口の中や手のひら、足の裏などに2〜3ミリの水疱(すいほう)性の発疹、軽い発熱が出る。

 特効薬はなく、特別な治療法も無い。基本的には軽い症状の病気だが、まれに重症化して髄膜炎、小脳失調症、脳炎など中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、急性弛緩性まひなどが起こる場合がある。

 高熱が出る▽発熱が2日以上続く▽嘔吐する▽頭を痛がる▽視線が合わない▽呼びかけに答えない▽呼吸が速くて息苦しそう▽水分摂取ができずおしっこが出ない▽ぐったりしているなどの症状が見られた場合は、すぐ医療機関を受診するよう呼びかけている。

 府内の発生状況は、調査1医療機関あたりの患者報告数が27週で6.46になった。5以上で警報基準。地域別では、舞鶴・綾部市の中丹東が10.60、乙訓が9.25、南丹が8.40と高く、京都市内が6.45、山城北も6.90で警報レベルを超過していた。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ