WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2016年2月18日のニュース

感覚研ぎ澄まして茶香服 生産者が飲み比べ

茶の味などを確かめる 視覚、嗅覚、味覚を研ぎ澄まし、出された茶の銘柄を当てる茶香服大会が、福知山市大江町河守のJA京都にのくに大江支店で15日にあった。茶の香りに包まれた室内で、参加者が茶を飲み比べて判別した。

 組合員の鑑定技術向上と親睦をと、市茶生産組合連合会(勝田孝男会長、17人)が主催した。今年で11回目。

 急須に茶葉8グラムを入れ、200佞療鬚鮹蹐、90秒煎じてから、湯飲みに注いだものを配布。生産者や茶葉を摘む人、来賓の36人に、宇治と両丹産の玉露、南山城村、静岡、鹿児島産の煎茶の5種類が銘柄を伏せて出され、鼻を近付けたり、口に含んだりして判断していた。

 参加者のうち15人が、20日に綾部市のJA京都にのくに茶業センターで開かれる「丹の国茶香服大会」に出場する。

 生産者の上位5人は次のみなさん。カッコ内は部会名。数字は25点満点中の得点。
 (1)勝田孝男(大江)21点(2)大槻成利(土成)16点(3)田中邦男(新興)16点(4)井田光彦(大江)15点(5)勝田裕之(大江)15点


写真=茶の味などを確かめる参加者

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ