【津居山】体長56センチのチヌ 「乗っ込み」の好機迎える

2022年03月24日

 兵庫県豊岡市の津居山漁港で14日、京都府福知山市在住の男性が体長56センチのチヌをオキアミで上げた。春はチヌ釣りの好シーズン。下荒河の丹後釣具店によれば、宮津市の由良海岸でも40センチほどのものが上がり始めているという。

 チヌは春を迎え、温かくなり始めると、産卵のために沿岸の浅瀬へとやってくる。チヌの乗っ込みといわれ、エサへの食いつきも良くなり、大型が狙える。身は白く弾力があり、刺し身や塩焼きなどで楽しめる。

 また、京丹後市の久美浜湾では4月1日午前6時から、チヌ釣りが解禁される。湾内では京都府漁業協同組合が毎年秋に稚魚の放流をしている。湾で一般の人の釣りは禁止されているが、府漁協の組合員らが営む筏などを利用する場合はできる。期間は春季が7月10日まで、秋季は8月20日から11月30日まで。

 組合員で西中渡船を営む西中雅一さん(44)は、「こちらは記録的に雪が少なかったので水温もそれほど下がらず、活性も高いようで期待できそうです」としている。

週末の舞鶴湾の潮位

 【26日】満潮=19時43分(13センチ)▽干潮=3時35分(マイナス13センチ)

 【27日】満潮=14時25分(10センチ)、21時28分(12センチ)▽干潮=5時1分(マイナス13センチ)、17時14分(9センチ)

 

 

写真=津居山漁港で上がった56センチのチヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。