【由良川】来月から落ちアユ漁解禁 活性低いがサイズ大きく

2020年10月15日

 由良川漁業協同組合(瀬野照義組合長)は11月1日から、京都府福知山市内などを流れる管内の由良川本流、支流で落ちアユ漁を解禁する。

 落ちアユは、産卵のためや産卵を終えて河川を下るアユのことで、オスにはオレンジ色の婚姻色が体に浮かぶ。漁協は10月を産卵期間として全面禁漁にしており、産卵がほぼ終わる11月から再び漁を解禁している。

 今夏のアユ漁は、長梅雨の影響で7月に河川へ釣りに入れる期間がほとんどなく、竿漁は振るわなかった。8月は雨が少なく、前半は網漁が好調だったが、後半から魚の姿が少なくなり、全体的な漁獲数は昨年を下回ったという。

 一方で、体長は大きくなり、今夏に漁協へ持ち込まれたもののほとんどが20センチ超えで、最も大きなものは28センチだった。

 漁協は「今のところ10月も雨が少なく、魚の活性は低いです。数も少ないようですが、サイズ的には大きなものが多く、釣りの引きなどは楽しめるのでは」としている。

週末の舞鶴湾の潮位

 【17日】満潮=1時54分(39センチ)、14時35分(44センチ)▽干潮=8時25分(18センチ)、21時12分(23センチ)

 【18日】満潮=2時25分(41センチ)、15時36分(43センチ)▽干潮=9時19分(15センチ)、21時53分(26センチ)

写真=今年漁協に持ち込まれたアユ

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。