【宮津】待望の再開に多くの人 海洋つり場チヌ、アコウなど好調

2020年10月08日

 京都府宮津市の市海洋つり場が3日に営業を再開した。栗田湾の海上に足場が組まれた人気スポットで、2018年7月の豪雨被害以来の再開に、多くの釣り人が訪れてにぎわった。チヌ、アコウがよく釣れ、アジ、アオリイカなども上がっていた。

 季節ごとにいろいろな魚が釣れ、京阪神からも利用する人が多い。再開初日は釣果への期待も高く、オープン前から約60台の車が列を作った。一時は120人以上が入場し、新型コロナウイルス対策で入場制限するほどだった。

 昼前に現地を訪れて利用者たちに話を聴いた。亀岡市から友人と来た男性(74)はオキアミでチヌを狙い、体長25センチから38センチまでを6匹とイシダイ1匹を上げた。「再開すると知って来ました。調子が良く最高です」と笑顔を見せていた。

 家族と友人たちの4人で来ていた松尾荘壱君(12)=長岡京市=はサビキでカサゴ、アジなどを釣り、体長25センチほどのアコウ2匹も上げた。「サビキにかかったアジに食いついてきて、アジの泳がせ釣りでもう1匹釣れました。引きが強くて楽しかった」と話していた。

 ほかにもサビキ釣りを楽しむ人らの姿があり、アジについては「小アジまでのサイズが釣れていますが、群れが小さいようで数釣りまではいきません」という。

 釣り場までの桟橋では、アオリイカ狙いの人が多く、1人1、2匹を上げていた。中には胴長25センチほどの良型もいたが、釣果はいまひとつの様子だった。

 今期は11月30日までの土、日、月曜日の週3日のみ楽しめる。営業時間は午前7時から午後4時まで。感染症対策で釣り具の貸し出しなどはしないが、冷凍のオキアミ、アミエビの販売はする。

週末の舞鶴湾の潮位


 【10日】満潮=5時41分(39センチ)▽干潮=14時52分(21センチ)
 【11日】満潮=7時10分(38センチ)▽干潮=16時14分(20センチ)


 
写真=チヌなどいろんな魚種が上がっていた

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。